意外と知らない?彼らはここを見ている!

指導者が見る教育の受け方!

社員教育の過程においてよく見られたいと思う気持ちは誰もがありますが、案外指導者が見ているポイントは違う所なのです。特に新人や初めて携わる仕事の社員教育の場合、すぐに出来る様になる事だけが評価ポイントではないです。
指導者が見ているポイントは、実は教育の受け方なのです。教わる姿勢として言われた事をメモしているか、自分で考えて分からない時にきちんと質問出来たか等を見て今後伸びる社員かを見極める企業が多いです。
これは教育を受ける姿勢がある社員は今後どの教育課程でも進化が期待できるからであり、一時の出来不出来よりずっと大切だからです。また同時に同期や人との関わり合いも見られているので、教育期間は休憩時間でも気を抜かない方が懸命です。

SNSもチェックされてます!

最近の全国民総ネット社会に伴い企業の社員教育では、徹底的に個人情報や機密文書の取り扱いについて学ぶ企業が急増しています。これは今後仕事をしていく上で非常に大切な事で、内部情報を誰でも見れるSNSに流出されては企業が大打撃を受ける可能性が高いからです。
しかし中には社員教育の過程で、この教えを聞き流す人がいます。その為企業は社員教育の間、社員のSNSを検索する事があるのです。方法としては社員教育で受講者がSNSにアップしたくなる珍しい事をした後、名前と珍しい出来事で検索をかけます。そして万が一この検索でSNS流出が見つかった場合、情報流出を恐れて大切な仕事をまかされなくなる可能性も十分にあるのです。

© Copyright Train Your Mind. All Rights Reserved.