ウケる社員教育とは?

ウケる社員教育が取り入れられてきたワケ

「社員教育」と聞くと、体育会系のような声だしや難しい戦略の話など、億劫な気持ちになる方も少なくないのではないでしょうか。ノリ気でない社員教育の研修と、ユーモアあふれる楽しい研修とでは社員の吸収の質もかなり違ってきます。
過酷な社員研修はまるで軍隊やサバイバルのように合宿で行われる企業も少なくありません。残念なことに、はじめの新入社員研修で辞めてしまう方もいます。
しかし、現在は時代の流れに合わせ、ユニークな楽しい研修を取り入れている企業も多く存在します。どちらの研修も社会人に必要なマナーを身につけたり、仕事をもっとできるようにするためのステップアップとしての技を研くもの。会社にとって有益な研修方法を考えたいですね。

海外式が話題!「認める」「自信をつける」教育

日本は古くからの風習で「教育」というと叱咤したり、否定したりしてできないないことを指定します。問題の発見は重要なことですが、誰でも怒られることは避けたいですよね。
海外の研修を取り入れている社員教育は、社員を「褒める」ことを重要視しています。なかには「自分が一番かっこいいと思うポーズで入場」なんて研修もあります。少し恥ずかしいですが、登場した社員に対し、他の方は大きな拍手で迎え入れます。「認めてもらえた」という自信がつきます。また、普段は話す機会のない方とも研修によって打ち解けられるチャンスです。自分を認めてもらえると、自然と相手も認められるようになります。円滑なコミュニケーションでホウレンソウが徹底されます。ミスも防ぎやすくなったり、失敗を報告しやすく問題を解決できる社風が創られるのです。

© Copyright Train Your Mind. All Rights Reserved.